屋根工事のプロが「安心して眠れる」お家にさせていただきます。

よくある質問FAQ

ご質問にお答えします

FAQ ホームトップに寄せられたご質問にお答えして、あなたの不安や疑問を解決します!
よくあるご質問を一覧形式でまとめましたので、気になるところをクリック!してください。

屋根工事の際に多い10の質問

1.屋根ってどれぐらいもつの?
屋根ってどれぐらいもつの?1

屋根工事の時期の見極めは難しいものですが、屋根瓦の商品によって違いはあるものの、概ね20年~30年を目安としています。

 

雨漏りが起こった場合は、至急に屋根の修理工事が必要になってしまいます。

 

本来ならば、雨漏りなどが起こる前に屋根工事をすることが望ましいですが、一般の方が屋根を見ても分かりにくいと思います。まずは定期的に点検をお勧めさせていただいております。

 

以下の場合は雨漏りなどがしていなくても、屋根工事が必要となります。

 

<例:陶器瓦の場合>

・瓦の割れやズレ

・漆喰の剥離

・棟瓦の飛散,ズレ

・コケなどの発生

・15年以上点検を行っていない

 

<例:カラーベストの場合>

・屋根材の色あせ

・屋根材の割れやヒビ

・コケなどの発生

・鉄板部材のサビや釘などが抜けている

・10年以上点検を行っていない


一般の方が屋根に上るのは、とても危険です。屋根工事が必要かなと思ったら、屋根工事専門の業者に点検・見積を依頼しましょう。その際は2〜3社にお願いして比較することをお勧めします。

2.屋根点検はどのタイミングですればいいですか?
5年~10年に一度は点検した方が望ましいです。
また大雨、台風、地震後などは点検を行うことをお勧め致します。
3.屋根工事中のそのまま生活
屋根工事中でも、普通に生活が可能です。又、お出かけの際は、お声を掛けていただき、カギを閉めてお出かけいただければ大丈夫です。 屋根工事によっては足場の設置や養生などが必要になります。その場合は多少不便を感じるかもしれません。申し訳ございません。また、水道や電気、トイレなどお借りする場合もあります。 ご了承ください。
4.屋根工事に使う屋根材の種類って?
屋根工事の際に使用される機会が多い屋根材は、日本瓦(陶器瓦)、カラーベスト(スレート系)、金属系瓦等があります。近年の傾向は、屋根の軽量化が大きなキーワードになっています。日本瓦であっても軽量化が進み、従来より3割弱軽く出来ます。屋根工事の際に使用する屋根材によって、屋根工事の価格や屋根の耐久年数が大きく変動してしまいます。お客様のご要望に合った瓦や、その家に合った商品をご提案させて頂きますのでまずはお望みの屋根材や色やご予算などご提示ください。最良の屋根材をお客様と共に選び、ご提案させていただきます。
5.夏場の2階が異常に暑いのですが?
夏場の2階や3階建てなどの屋根付近の暑さに悩まれている方は比較的多いようです。ポイントは、屋根の換気と断熱材、そして遮熱性能となります。
日本瓦の場合、断熱性に優れていますので、他の商品よりお悩みを聞くことは少ないのですが、スレート系や金属瓦(当時)ではやはり断熱性に劣るのは特性上仕方のないことかもしれません。
こういった問題でお悩みの方への対策として換気棟の設置やカバー工法により断熱材入りの下記金属系屋根材を設置のご提案などもございます。

【お勧めの断熱屋根材】

■アイジー工業株式会社
ガルバ断熱ルーフ「ガルテクト」
鋼板の裏に、最大厚さ16mmの断熱性能に優れたイソシアヌレートフォームを一体化、特に上下左右の接合部にも断熱材を充填し、屋根全体の断熱性能を高めています。また、表面材にははもちろん、太陽光の中の赤外線(熱エネルギーの元)を反射する遮熱鋼板を使用し屋根材自体の温度上昇を抑えます。つまり、これらの断熱・遮熱のWパワーで、夏涼しく冬暖かい、快適でとても優れた商品です。さらに棟部分には換気棟の取り付けをお勧めいたします。

6.地震の時に屋根が重いと心配
地震が多い日本では、やはり住宅の耐震性はとても重要です。
日本瓦(陶器瓦)は重いと思われがちですが、乾式工法という土を使わないで、屋根を従来の瓦より軽くする施工方法も近年では主流となっております。
それにより、日本瓦→日本瓦へと重量を軽くしつつ取り替えることもご検討される方も多くおられます。
日本瓦からスレート瓦(カラーベスト)や金属屋根材で葺き替えをすると、屋根の軽量化となります。
また、軽量和瓦があるのをご存知でしょうか? やや高額商品になりますが和瓦風の軽量瓦もございます。(下記参照)
■お勧めの軽量和瓦

ケイミュー株式会社
ROOGA(ルーガ)シリーズ (屋根リフォームのページ参照)

KMEW ROOGA(ルーガ 雅シリーズ)は日本瓦の厚み25ミリとほぼ同じで重さは半分以下。重さは約140キロ/坪当たりに対して、約64キロ/坪当たりの重さです。
KMEW ROOGA(ルーガ 鉄平シリーズ)は厚さが30.5ミリもありながら重さは 約68キロ/坪当たりの重さです。
無機系ガラスコーティング『グラッサコート』を採用し色あせの原因の紫外線を強力ブロックし、30年相当経過しても色あせはほとんど無いと言われております。高品質、高耐久、高級感も兼ね備えております。
7.屋根工事ってすごく高そうだけど?
屋根工事の葺き替え(張り替え)や塗装など屋根の工事は高いと思われることが多いですが、屋根を葺き替えれば、そこから20年~30年(商品によります)は安心して住むことができるようになります。

例えば、数百万の車を買ったとしても10年もすれば乗り換え時期に来てしまう等考えていただければ、意外と高すぎるとは感じなくなるのではないでしょうか?
ですが、やはり屋根工事とは住んでいる方からすれば一大イベントにはちがいがありません。お客様のことを第一にじっくりとご提案させて頂きます。

屋根工事は屋根材や面積などにより価格はかなり違ってきてしまいます。そして屋根工事は一般的に専門業者(屋根工事店)が行ないます。見積もりを依頼する際は、屋根工事専門業者さんに直接依頼すると、中間マージンが省かれた格安価格になる場合があります。当社のような屋根工事専門業者で見積もりを依頼されることをお勧めします。
8.見積りをお願いすると、絶対に工事しないといけませんか?
そのようなことはございません。弊社は決して無理強いなど致しません。
お気軽にお見積りの依頼をしてください。弊社見積りと他社様の見積りの比較をしていただき、それぞれの違いについても詳しく説明させていただきます。
その後お客様に納得していただいた上で工事をさせていただきます。
9.工事途中で工事料金が追加になることはありませんか?
契約通りで進行させていただきますが、もし追加工事が必要になった場合はお客様に確認をして頂き、了解を頂いてから工事を行います。決して無断で工事をして追加を請求するようなことはございません。また軽微な追加であれば無償でさせていただく場合もございます。
10.工事期間はどれぐらいですか?
屋根の修理で1日~5日
屋根の葺き替え工事で5日~15日程度です。
天候により前後する場合もございます。

その他よくある質問

屋根の点検だけでもいいですか?
もちろん、大丈夫ですよ。無料でさせていただきます。
屋根点検はどのタイミングですればいいですか?
5年に一度されたほうがいいでしょう。大雨、台風、地震後は点検を行うことをお勧めします。
見積もりをお願いすると、絶対に工事しないとだめですか?
そのようなことはございません。他社様の見積もりとの比較にご利用いただいても構いません。
瓦の寿命はどの程度ですか?
瓦の素材やお家の立地条件等にもよりますが、陶器瓦なら30年、スレート瓦なら10年、金属瓦なら10年は大丈夫です。
屋根漆喰が黒く汚れているのですが大丈夫ですか?
漆喰が黒く変色する場合、雨水が入っている可能性が高いです。一度点検をお勧めします。
業者が訪問して来て、近くで工事をしているから、ついでに見てあげるといわれたのですが?
一番多い質問です。
「○○さんの家の工事をしている」「近くで工事をしているから」といった手口で訪問してくるようですが、あまり信用しない方がいいでしょう。おすすめは致しません。
屋根の修理費用はいくらかかりますか?
修理内容によって様々ですので、弊社施工価格をご参考ください。
工事期間はどのくらいですか?
屋根修理で1日~7日、葺き替え工事で7日~12日程度です。
工事途中で工事料金が追加になることはありますか?
契約通りで進行させていただきますが、もし追加工事が必要となった場合はお客様に確認をしていただき、了解を取ってから工事を行います。
決して無断で工事をして追加を請求するようなことはございません。また軽微な追加であれば無償でさせていただく場合もございます。
メールやFaxだけで見積もりしてもらえますか?
大体の金額をお出しすることは可能ですが、あくまで目安とお考え下さい。
実際に屋根を見ないと確実な見積もりをお出しすることはできません。

お問合せフォーム

電話でのお問い合わせはこちらから
06-6852-3614
お問合せ種別
工事種別
お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
郵便番号
住所
ご希望の連絡方法
ご希望の時間帯
お問合せ内容
送信確認